ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2016-06-20 15:49 | カテゴリ:ホビー
ジャンル:車・バイク テーマ:カスタム
半分いきおいで買ってきたのと、そのまま初代マチックさんから部品を移されてしまった2代目マチックさん。
ろくにノーマルのST250を観察しないまま、改造を手掛けてしまったので、サテ僕は何がしたいのかわかっていません。
それは当然バイクにも現れていて、2代目マチックさんからは得体のしれないダサさが漂っているんです。

ST250 カスタム 19インチ

それでまあ、しばらくこのまま乗ることにしつつ、2代目マチックさんをじっくりと観察してみましたら、どうもハンドルが高すぎる印象です。
そこで一度ノーマルハンドルに戻し、これでまたしばらく乗ってみて、ハンドルをもう一度選んできました。

BOATRAP オールドバー ハンドル ST250
BOATRAPオリジナルハンドルの”オールドバー”です。
ハリケーンでいうフォワードコンチの仲間で、ハリケーン製よりシャープな曲げでかつナローになっているのが特徴。
きついシボリに最初は違和感が出るものの、慣れると換えたくなくなる麻薬めいた味わいがあります。


ついでにマフラーの出物があったので、これも投入して・・・。

ST250Eカスタム 19インチ
プロト製スーパーサウンドLight-TypeMフルエキゾーストマフラー・グラストラッカー用。
スーパートラップタイプのマフラーで、本家のスーパートラップよりも静かにできます。
ただST250用ではなく、ポン付けができなかったため取り付けにはスッタモンダがありました。


これでちょっとは、まとまったんじゃないでしょうか。
クラシックなカフェだボバーだとはいきませんが、そんじょそこらの昭和なバイクくらいにはできたと思います。

ST250E カスタム 19インチ

次はどうしましょうか。
まずはデザイン上重みがある、リヤフェンダーをトリミングしてみようかな。



スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2016-05-29 13:02 | カテゴリ:ホビー
ジャンル:就職・お仕事 テーマ:夢へ向かって
グラストラッカービッグボーイ カスタム

長きにわたり、僕の手足となってくれたマチックさん。
フレームには穴があき、エンジンから異音と油漏れ、バッテリーは再びダメになってスイッチ・ワイヤー類も使用限度、そのほか諸々の不具合も重なり、修理部品代だけで別のバイクを買うことができるほどになってしまいました。

オフロード車から’70オンロード車を造るんだとギャアギャアさわいで、それなりの形にはできましたから、愛着が並々ではない分、このまま解体させるのも忍びありません。

また6万キロ超を過ごしてみて、グラストラッカー・ビッグボーイは基本的に車体とエンジンが丈夫であり、僕の不注意さえなければもっと走ることも可能でしたし、なにより消耗部品に大排気量車のものを転用できたため、およそ2万キロに1度という、改造車としてはメンテナンスサイクルを破格に延ばすことも可能でした。

マチックさんを直すのか、それともひと思いに。
あまり器の大きくない僕の脳みそで黙考することしばし、同じバイクを買ってきて、部品を移すことにしました。

そこでマチックさんでは如何ともしがたかった部分(後期型フレームが欲しいとか)を加味しつつ、グラストラッカー・ビッグボーイからグラストラッカー・ビッグボーイというのも芸がありませんから、基本的な構成が同じで別のバイクとなっている、ST250・Eタイプ(キャブ・キック付き)に白羽の矢を立てました。
バイク屋さんに無理を言って探してもらい、マチックさんも虫の息だったため急いで契約することに。

12961682_1000812883327692_1204787177718347135_n.jpg
スズキ・ST250E。
フロント回りだけ別車種ですが、そのほかはグラストラッカー・ビッグボーイとほぼ同じ構成で、外装類は異なっています。
そのためリヤタイヤよりフロントタイヤが小さいという特徴があります(黒い平行線の部分)。


納車日は雨のため、軽トラックで引き取り。
そのまま工場に運び込まれてマチックさんから部品を移したため、走行0mで保証対象外になるというオマケつき。
新生マチックをつくるため、ここは我慢します。

13164444_1017401778335469_5052552720653247060_n.jpg
フロント回りを移植し19インチ化、リヤホイールも移植してバランスをとっています。
この時点でハンドル、リヤシートも交換しました。


その後バランスを見ながら細かく部品をかえ、ひとまずの形にできました。
ST250Eのデザインは’60イメージですが、僕はやはり’70イメージで造っていこうかと思います。

2代目マチックさん、よろしく頼むよ。

ST250 カスタム 19インチ
純正部品を流用する形で作られたST250E。
ヘッドライトにボルティ、テールライトに初代バンバン、フロント19インチ・リヤ18インチホイールにグラストラッカー・ビッグボーイ、リヤシートにドラッグスター250など。
派手さがないぶんまとまりがよく、ノーマル車両とみまちがえるほどにできるのが純正部品流用カスタムの良さです。


スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2016-01-16 14:04 | カテゴリ:後悔日誌
ジャンル:就職・お仕事 テーマ:夢へ向かって
事務所を立ち上げたときに買ってきた、くまPC(パソコン)が壊れてしまいました。
原因は特定できないんですが、メモリを4GB分積んでいるにも関わらず、最後に認識していたのが1GB。
なんだかなあ、と掃除を兼ねて組みなおしてみましたら・・・BIOSすら起動しないでやんの。

このくまPCには仕事で使う、さまざまなソフトが入っているので、壊れましたハッハー♪で済ませるわけにいかず、くまPCの修理を試みると同時に、新しいパソコンを導入することにしました。
幸い事務所のくまPCは2台あり、1台は好事家でもある相方が、ケース以外のすべてを入れ替えてくれていたので、交換用の部品だけは丸1台分、在庫になっていたんです。

あれこれ入れ替えながら組みなおしてみたところ、どうも後から増設したメモリの相性が最初から悪かった(増設当初の認識は2GB。こんなものかとそのまま使っていたというスカポンタン)ようで、ひとまずマザーボードの入れ替え、メモリの新品交換を経て復旧しました。
ちなみに現在のくまPCの概要は下記のとおり。

M/B MSI G31TM-P35
CPU Core2-Duo E6700 2.66Ghz
GPU Radeon HD7750
MEM DDR2-800 4GB
HDD 300GB

この仕事を始めてから、地味にグラフィックツールをいじくりまわすハメになったので、くまPCにはグラボを追加してみたりCPUを変えてみたりと細々の進化を遂げています。
なので新しく導入するパソコンも、グラフィック関連に余力のある機種からを選ぶことにし、あれこれネットサーフィンをしていましたら、どうも再びBTO機の中から、ゲーミングパソコンを選ぶのが手っ取り早いとわかりました。

ただパソコンの自作などは、スロット1の時代(Win98とかその辺でしたかね)しか経験していないので、今どきの部品の規格や能力をまるっきり理解していません。
そこで、かつてくまPCを導入した際に書いた僕の記事を取り上げ、ためになるアドバイスをいただいたBTOパソコン.jpさんを訪れて、ニワカ勉強をしてきました。

現行の規格ですとか用語にはうといので、全部が全部を理解していないんですが、シロウトとしては

1.価格のこなれたGPUを搭載したもの
2.メモリはDDR4規格を搭載できるもの
3.部品ごとの市場価格を書いたブレークダウンリストを作り、比較検討すること

で、損得勘定のバランスが取れた機種を選ぶことができそう。
またくまPC自体が幅140mmのコンパクトタワーで、それに合わせた置台を作ってしまいましたから、幅140mm以下の機種を探すことに。

しかしまー、2機種だけでしたぜ。
該当したのはドスパラのガレリアSシリーズと、DELLのエイリアンウェアX51シリーズ。
DELLはえらくお高いので、ひとまずガレリアSシリーズから機種ごとのブレークダウンリストを作って比較検討し、絞った機種から要不要な部分をカスタマイズしたものを、最後にエイリアンウェアX51と比較してお買い得なほうを選ぶことにしました。

結果、ガレリアSTを下記の構成に変えてもらって購入。
エイリアンウェアX51だと、似たような構成でも20万円くらいになってしまったので、アリエンワーとウェブサイトをそっ閉じしました。

M/B ASrock H170M-ITX/ac
CPU Core i5-6500T 2.5Ghz
G/B GALAXY 96NPH8DND7UZ GTX960 2GB
MEM Hynix HMA41GU6AFR8N-TFN0 DDR4-17000 8GBx2
SSD Sandisk Z400s SD8SBAT-256GB
HDD Western Digital WD20EZRZ-RT 2TB
PWU SILVERSTONE SST-SX600-G 600W
Windows 10インストール
ガレリアSケース・キーボード・マウス付き・組立済

お値段は税抜きで136000円ちょうどくらいの、送料込み。
ブレークダウンリストから差っ引いてみると、工賃が15000円くらい入ってるのかな?
それでも組み立てやOSインストールの手間、相性などのリスクを考えたら、お高いとは言い難いのかなと思ってます。

ここから部品代を差っ引いた残りが、およそ25000円の見当でした。
さらにケース、キーボード、マウス、CPUファンその他の細かい部品で10000円と計算して、残った額が工賃かと思ってたんですが、Windows10のライセンス料(19000円)を計上していないことに今気づきました。
これ、儲けって出てるんでしょうか・・・。

到着後にさっそくバラして(苦笑)、以前に購入していたPalit Jetstream GTX960 4GBのグラボと交換。
相方カスタムくまPCに組んでみたら、大きすぎてケースからはみ出てたんですね。
ガレリアSTのグラボも同じGTX960で、やや小さいタイプですから、これらを差し替えたかったんです。

しかしまー、ガレリアSTは複雑な作りをしていて驚きました。
拡張性はありませんが、それでも大きなサイズのグラボを、スリムな筐体に飲み込んでしまうんですから大したものです。

ドスパラ ガレリアST
分解中のガレリアST。
キューブ型ケースをタテ2階建てで使う、といったイメージの構造で、グラボには直交アダプターをかませてマザボ上部へ配置します。
付属の取扱説明書にはケースの分解手順がなく、グラボの組み換えにはいささか手こずりました。


ドスパラ ガレリアST
ガレリアSTカスタム。
プロの画像屋ではないので、デフォルトのCore i7-6700から、省電力のCore i5-6500Tに換えてもらいました。
それで発生した価格差で、メモリとかSSDを増強しています。


あとはがんばってソフトのインストールなどをして、事務所の二代目パソコンとして頑張ってもらうつもり。
くまPCはHDDからSSDに入れ替えをして、僕の部屋で余生を過ごしてもらおうと思います。


スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。