ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2009-12-20 13:17 | カテゴリ:日本海洋史
なかなか気の利いたニュースが載ってました。
新潟県柏崎市から、和歌山県串本町にトルコ初代大統領の銅像が寄贈されるそうですね。

かつて串本町を舞台に、大きな事件が起きました。
それが「エルトゥールル号遭難事件」で、明治23年9月のことです。

当時の日本の皇族がオスマン帝国(現:トルコ)に訪問した答礼として、オスマン帝国から1隻の軍艦「エルトゥールル」が日本にやってきたんですが、その帰り道で台風に遭い、和歌山県串本沖の岩礁に衝突。
汽缶爆発を起こして沈没してしまったんです。
司令官以下600名近くが死亡または行方不明になる大惨事でした。

この遭難に際して大島村(現:串本町)の住民は総出で救助と介抱にあたり、通信インフラが殆どなかったこの時代にあっても、即時に県を通じて明治天皇にまで情報が伝えられ、それは新聞を通じて全国に知れるところとなって、明治天皇以下日本国を挙げての救助活動へとつながっていきます。
結果70名近くをオスマン帝国に生還させることができた、と言うお話です。

ちょうどNHKで坂の上の雲をやっていますが、主人公・秋山真之も、少尉候補生時代にこの遭難事件の救助にあたっています。

この事件はオスマン帝国でも新聞等で大きく報じられ、これを契機に日土友誼が始まっていきます。
それから間もなく起きた日露戦争では、オスマン帝国はロシアの強力な圧力に屈していた背景もあって日本を応援し、影ながらバルチック艦隊の航海を妨害し、日本海海戦の勝利に結びついた、と言うお話もあります。
またこの戦争で日本がロシアを破って勝利を収めたことに熱狂し、東郷平八郎提督の名を、自分たちの子供に与えることが流行したんだとか。

その後、串本町と在日トルコ大使館の共催で慰霊祭が行われるなど日土友誼の交流が行われていたんですが、1985年のイラン・イラク戦争において、イラン国内に取り残された日本人215名の、後手に回った日本政府による脱出が不可能となったとき、突如トルコ航空機2機が降りてきて日本人215名全員を分乗させ、トルコ経由で日本に帰還させています。
イラクによる、イラン国内の航空機無差別攻撃開始時刻の1時間ほど前のことでした。

背景には日本政府の窮状を聞いたトルコ政府の快諾があり、自国民は陸路で帰還させ、トルコ人脱出用の航空機を日本人脱出用として2機に増便のうえ配備させたとのことで、快諾の理由は、114年も前の「エルトゥールル遭難事件」への答礼、とも伝えられています。

エルトゥールル号遭難事件から今日まで続く日土友誼では、学ぶべきところは多々あります。
天候の偉大な力、海難の被害の大きさ、初動の重要性、情報伝達の的確さ、そして人の気持ちなどなど。
こう言ったことを踏まえて坂の上の雲を観る、なんて言うのも、また一味違ってくるんじゃないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/63-30046a6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。