ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2015-10-15 14:23 | カテゴリ:後悔日誌
ジャンル:就職・お仕事 テーマ:夢へ向かって
ヤマハMD55エンジンの初出は1978年。
ベースの日野EB300エンジンは、これまでのトラック用から産業機械用エンジンとして転用しはじめた時期にあたります。
漁船の船舶検査証書上の初年度登録は昭和56(1981)年で、エンジンは前期型MD55、発売から3年間が前期型エンジンであったとみるのは、割と妥当なセンではあります。

ところが1981年に製造されていたエンジンを一覧できる、国産エンジンデータブック1982年度版には、MD55の項目がありませんでした。
それ以降の国産エンジンデータブックにもMD55の項目がなく、少なくとも後期型を持つエンジンが、1978年に製造開始をして1980年までに生産終了になっていたため、国産エンジンデータブックに掲載されていなかった、と推察するのは、いささか無理があります。

というのも2年やそこいらの生産期間でモデルチェンジがあったとすれば、前期型エンジンの生産台数は僅少ですから、製造から30年以上も経って修理することになったどんぶりカバーなどは、新品部品の取り寄せなんてできなかったはずです。

もっともMD55エンジンの項目が、国産エンジンデータブックにないならないで、ベースになった日野EB300エンジンについて調べておけば、誤差の小さい、だいたいのエンジン重量が判明します。
そこで各図書館から調べてきた、EB300エンジンのデータは以下の通りでした。
(ところで国会図書館様、必ずマーガリンがついてきた「バタートースト」は、いつ提供をやめたんですか?)

★日野 EB300型エンジン(1982・産業機械用)

直列6気筒 水冷4サイクルディーゼルエンジンOHV
内径x行程120x145mm 総排気量9838cc
予熱燃焼方式 圧縮比18:1 定格出力150ps/2000rpm
全備乾燥重量800kg 機関寸法1380x760x1265mm

この他にバルブリフトタイミングやらコンロッド軸間距離、ピストン重量などといった詳細なデータが掲載されていて、これらも記録してはきたんですが、こういったサービスデータは国産エンジンデータブックやサービスマニュアルを持っている方の財産にあたる部分にあたるので、ブログでの公開は当たりさわりのない部分にとどめることにしました。ごめんなさい。

日野EB300エンジンについては、国産エンジンデータブックから1978年ごろまではトラック用エンジンとして、以降は新型エンジンの投入などの理由で産業機械用エンジンに転用され、相当な長寿命モデルだったことが判りましたが、しかしなんだってMD55エンジンの記載がなかったのかが解せませんでした。
船舶用エンジンについては小型船舶・大型船舶を問わず、国産エンジンデータブックにすべて記載されているはずなんです。

国産エンジンデータブックは、おそらくは国土交通省に登録されているエンジンが全て網羅されているので、もしこの本に載っていないエンジンがあるとすれば、それはせいぜい航空機用エンジンか、ラジコン用模型エンジンくらいだと認識していたんですが・・・。

しばし黙考したところ、ふと脳裏によぎるものがありました。
国土交通省に登録する必要のない、船舶用エンジンがあるのではないか、と。
というのも漁船については、漁船用のエンジンを農林水産省に登録する必要があります。

もし船舶用エンジンを作っても、国土交通省が管理するプレジャーボートや商船などには使わず、農林水産省が管理する漁船にのみに使うとした場合、国土交通省にはエンジンを登録しておく必要がなくなります。
まして産業用として、国土交通省には既にベースのEB300エンジンが登録されており、諸元に変更がなければなおさらで、農林水産省に対しては、漁船用のEB300エンジンとして「MD55」の名で登録してしまえば事が足りてしまいますし、このために国産エンジンデータブックに項目がないのも合点がいきます。

漁船にしか存在しないエンジン。
このあたりはメカいじり代理士海事代理士として、非常に興味深いお話なんですが、この件について調査をするのは後日のお愉しみにして、ひとまず判ったEB300エンジンの全備乾燥重量から、クレーンを作ることができないかの研究をすることにしました。


関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/579-223b23a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。