ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2015-09-12 11:31 | カテゴリ:後悔日誌
ジャンル:就職・お仕事 テーマ:夢へ向かって
バカバカしい、あまりにも人をバカにしたビルジポンプが取り付けられていた漁船。
この先にどんなトラブルが潜んでいるのか不安ばかりが募りますが、それよりもこの漁船に非道な扱いをしていた、前オーナーへの憎しみといいますか、反発心ばかりが大きくなっています。

クルマや船に使う電気部品のことを電装品などと呼ぶんですが、電装品と言うのは通常、電源の出力に合わせて選びます。
漁船にはディーゼルエンジンが載っていて、ディーゼルエンジンは24Vの電源を持つのが相場(ガソリンエンジンだと12Vが相場。たまに6V)ですから、電装品も24Vに対応したものを選ぶことになるんですけど、漁船についていたビルジポンプはなぜか12V用。
もし24Vの電源に12V用の電装品を付けるのであれば、減圧器を使ってビルジポンプの手前で12Vに変換をするか、12Vの専用電源を別途載せる必要があります。

せめてそれらの類がビルジポンプに取り付けられていたのなら、こんなに怒ることはないんですけど、この漁船にはそんなものはついておらず、どころかバッテリーから直接電源線を取り、適当なスイッチを介して水中に沈められていたんですね。
しかも水中で結線をしてあり、その部分は防水加工が必要になるんですけど、これの場合線を剥いて手でねじってつなぎ、ビニールテープを巻いていただけ、という恐ろしく幼稚な工作がされていたんです。

これではビルジポンプは動くことは動きますけれど、またたくまにポンプは焼き付き、結線部分からは漏電を起こしてしまいます。
きっと前オーナーは、僕を殺す気だったんでしょう。
もうこれね、タダじゃ済まさないです。

とまあグチばかり言っていても直らないので、ひとまずビルジポンプの修理に取り掛かります。

漁船にはもともと、ヤマハ純正のビルジポンプがついていたようで、それは何らかの理由で取り外されていました。
そのためメインハーネス(エンジンに取り付けられる電線を集中させたもの)には、ビルジポンプの配線が残っているんですけど、純正のビルジポンプが取り外されたいきさつが不明なこと、メーターパネル周りの配線も改造された跡があるので、メインハーネスを追いかけるのは後日のお楽しみにして、新しいビルジポンプの取り付けは船内電装品から電源を分けてもらい、専用のヒューズとスイッチを増設して対応することに。

同時にビルジポンプ探しをするんですが、これについてはさすがメリケンのルール製といいますか、合理的と言いますか、まったく同じデザイン・まったく同じ大きさの24V用ビルジポンプが製造されていました。
さっそく買ってきて、元からあった土台にポン付け。

ルール・ビルジポンプ24V
ルール製24Vビルジポンプ全体。
金属の土台に、ねずみ色のフロートスイッチ(水位で浮きが上がるとオンになる)とビルジポンプで構成されています。
青い部品は旧いビルジポンプ本体のもので、ポン付けでした。


お絵かきをして・・・。

ビルジポンプ配線図
シンプルな配線図。
万一の強制排出用ボタンスイッチも備えていますが、今は拡張用として配線だけ用意しておきます。


結線工作。
水中に入ってしまう部分は、念入りに防水加工を施します。

バスコーク 配線防水加工
ハンダで結線し、バスコークで被膜したあと、熱収縮チューブで密封してしまいます。
つまようじでバスコークを念入りに盛り付け中。
こんな地味な作業も、やってみればたのしいものです。


これでビルジポンプが完成、取り付けついでに経年劣化で硬化していた排水ホースを新しいものに取り換えて終了。
静かに、かつ勢いよくビルジを排出させて動作確認と雨水の排出が終わりました。
この間に、待ちに待ったプライミングポンプが届いたとの連絡が入ります。

修理もいよいよ大詰め、気合も入ります。



関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/574-27b81466
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。