ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2015-06-02 05:11 | カテゴリ:後悔日誌
ジャンル:就職・お仕事 テーマ:夢へ向かって
ということで、前後のどんぶりカバーは無事、交換できました。
合わせて行方不明になっていて、どこに付いていたのかも不明な冷却水予備タンクを仮留めで増設し、ラジエタキャップも取り換え完了。

ヤマハMD55マリンディーゼルエンジン

ひとまず冷却水を規定のラインまで入れて、エンジン始動してみると、どうやら水漏れは止まっているようです。
これに気を良くして、試運転をしてみましたら・・・再び水漏れが発生。
今度は熱交換器ジャケットからオイルクーラー(写真の一番左の部品)に向かう、冷却水経路のラジエタホースが裂けてしまいました。

もともと劣化していた部品なので、仕方がないと言えば仕方がないんですが、追々交換していけばいいかとも思っていた部分だったので、ちょっと落胆してしまいました。
おそらく口金まわりの水漏れが止まったことで、熱交換器ジャケット内部の圧力があがり、くたびれていたホースにトドメの力がかかったんだろうと思います。

ヤマハMD55ウォータークーラーハウジング修理
以前の写真で、口金の手前にある変なものが劣化して変形したラジエタホース。
本来は布巻の強化ゴム製で、まっすぐのホースです。


このラジエタホースはヤマハですでに廃版になっていて、同じものを入手することができません。
そこでラジエタにも使えるゴムホースのうち、サイズの合うものを探してみたところ、乗用車のターボチャージャー用のゴム管で使えるものがあると判り、早速取り寄せました。

ターボチャージャー用シリコンパイプ
右が外したラジエタホース、左が取り寄せたゴム管。
イギリスのSFSパフォーマンス製で、モータースポーツ用の強化部品なんだそうです。
材質的に過分なのかも知れませんがサイズがドンピシャだったので、それを優先しました。


熱交換器ジャケットからオイルクーラーを経路して、エンジンに向かうまでのラジエタホースは2個。
エンジン側はまだ大丈夫そうだったんですが、同じサイズでもあったので、ついでに交換してしまうことに。
このオイルクーラー、単体で20kgはあり、長年取り付けっぱなしだったこともあって、外そうにもビクともしません。
これだけでのべ数日を要し、泣き言をたれながらもどうにか交換できました。

ぼかあ水冷エンジンなんて、やったこたねえんだよ・・・空冷をやらせろよ空冷。

ここでひとつ、妙なことに気が付きました。

オイルクーラーからシリンダーに至る途中に、あまり厚みのない、いものアルミでできたパイプがあるんですけど、ホース交換のためにこれを取り外してみたところ、まったく腐食していないんです。
そればかりか、熱交換器ジャケットから出てきた冷却水は、茶色に変色した毒々しいものでしたが、このパイプを外して出てきた冷却水は、きれいな緑色でした。
ここまでの修理で、僕はまだクーラントを入れていません。

冷却水はエンジンからジャケットまで一貫して流れているのに、なぜ熱交換器ジャケットの口金だけが大きく腐食していたんでしょうか。
口金については船齢30年越えだとこんな腐食もするんだろう、なんて安易に考えていたんですが、どうも違うようです。


関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/560-6329f83b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。