ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
しそは今のところ、

LV50 ガンナー
LV49 レンジャー
LV41 フォース
LV50 テクター

なんてことになっております。

おい貴様ハンター系はやらんのか、とクラリスクレイスにでも言われてしまいそうですが、フォース系については単にアレスヴィスやラムダアレスヴィスを持たせて、ガンナーの延長線で遊んでいましたらこうなっちゃった、というだけでして、そのうちハンター、ファイターもレベル上げをしていく・・・かもしれません。

ただ、フォース系を育てていて、ひとつ気が付きました。
レスタって便利っすね。

僕はレイキャシールひと筋でPSOを過ごしてきましたから、レスタはもとよりテクニックを使ったことがなかった(PSOにおけるキャストは、一切テクニックを使うことができない種族だった)んです。
だものである種の違和感を持ちながら、しそのフォース系を育成してきたんですけど、レスタを使ってみましたら、

・ノンチャージでも発動でき、チャージをすれば法撃力に乏しいキャストでも十二分の回復量を確保できる
・回復行動の発動から完了まで、チャージ時間を含めてもメイトを飲むより早く済む
・回復行動のうち、チャージ中は歩くことができる
・メイトのように一度でなく数回に分けて回復するため、回復行動中にダメージを受けても、その分を埋め
 合わせてしまうことがある
・メイトは保持数(種類ごとに最大10個まで)に限度があるが、レスタはPPがある限り発動できる

と恐ろしく使いでのあるものということが判りました。

PSO時代でもそうだったんですが、僕は瞬間的な火力よりも防御力を活かした継戦力を重視してきました。
PSO2でもそれで行こうと思っているところで、さてガンナーもレンジャーも育ちましたし、武器防具をどうしようかなあ、なんて考えながら、アイデアが出るまでフォース系で遊んで時間をつぶしてたところ、レスタの性能が思いのほか良く、ある程度フォース系が育つまで検討を保留することになりました。

最近になってこれらも育ってきたので、メインクラスとサブクラスの組み合わせから見直していったところ、意外にもメインテクター、サブガンナーという組み合わせが、僕の継戦力という運用方針にマッチしているようです。
PSO2においては、キャストでもフォースになることができるようになったとはいえ、もともと法撃力や法撃防御力に大きなハンデを持っていますから、他種族のフォースと比べると一歩も二歩も能力面で及びません。

ただレスタについては自分の回復ついでに付近のプレイヤーも巻き込んで回復をしますから、法撃力が及ばない、すなわち最大回復量が多少低くとも、自分しか回復をしないメイトよりは格段にメリットが大きく、またメインクラスはガンナーであるよりもテクターである方が、最大HPと射撃力・射撃防御力でいささかハンデを背負いこんでしまう代わりに、打撃防御力と法撃力が高くなりますから、被ダメージを抑えてレスタ回復量を上げることができます。
さらにテクターはデバンドカットを使うことができるため、被ダメージをプラスアルファで抑えることが可能で、ガンナーのオートメイトデッドラインを併用すると、恐ろしく打たれ強いキャス子になってくれます。

問題になってくるのは攻撃手段で、キャス子である限りテクターとしての攻撃力は不満が出てしまいますけれども、ラムダアレスヴィスでしその持ち前の空戦に持ち込めば、多少の攻撃力の低さを手数でカバーすることができますし、チェインフィニッシュもあるため、体裁程度ならつくろえる攻撃をすることができます。
防具については法撃防御力を大きくカバーできるリュクス系とし、メインをテクターにすることで少なくなっているHP、射撃力をランサソール・シュート3・スタミナブースト(1カ所あたり射撃力+60・HP+65で固めてやれば、これまたカバーをすることができます。
PPについてはリュクス装備に加えてPPリストレイトを2つも実装しますから、これまたどうとでもなります。

たまたまリュクス装備を出物で揃えることができたので、試しにフリーVH遺跡をソロで歩いてみましたら、被ダメージが少なく2ケタ代で済むこともしばしばで、攻撃力も乏しいながら必要十分を確保できていました。
そのままゼッシュレイダ戦になだれ込んでみましたら、これまた被ダメージが低く火の玉などで多段ヒットを食らっても、オートメイトデッドラインのおかげで何もなかったように立っているんですね。
攻撃力が乏しい分だけ長い戦闘になりましたが、メイトの残数を気にしなくとも戦えるので、余裕シャクシャクにだらだら遊んで、しそは一度も死ぬことなくゼッシュレイダまで倒して帰ってくることができました。

持ち前の硬さで前衛の近接職に近づき、回復や補助で支援しつつ上空に舞い上がり攻撃をかける。
どうやらしそは、こんなキャラクターに成長しそうです。


関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/538-8c11dde5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。