ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2011-12-30 17:20 | カテゴリ:後悔日誌
ジャンル:就職・お仕事 テーマ:夢へ向かって
今年も残すところ、あと2日になりました。
振り返ってみてどうでしたか?などと言った社交辞令は、今年に関しては通用するはずもなく、非常に大変な年となってしまいました。

先日の夜、仙台にいる方から仙石線の不通に伴う石巻に向かう代替バスには、長蛇の列ができているというお話を聞き、被災地で生活されている多くの方々の辛労は、未だ筆舌に尽くしがたいと改めて思い知りました。
それだけに今年ばかりは「良いお年をお迎えください」と言った受動的な、平時におけるのん気な台詞は言いにくく、良い年にしていきましょう、と能動的なニュアンスでごあいさつをするようにしているところです。

さて、前回まで騒いでいたメールフォームはほぼ完成しました。

これをパソコンとiPadで送信テストをしてみたところ、どちらも送受信でき、HTMLの文法やJavascriptでの苦心も実って表示くずれや文字化け、誤動作を起こすことはありませんでした。
また社内PCなどJavascriptが使えない環境であっても送受信することができますし、W-zero3のようなJavascriptが一部だけ動かないような旧式のスマホであっても、利用することができます。

あとは送受信後に表示、あるいは自動送信するメールのメッセージを作るだけなんですが、この部分については詰まっていない他の部分に関連してしまうため、制作がいったん保留になります。
その詰まっていない他の部分というのが、サービスの謳い文句。

サービスの謳い文句とは、免許更新が○○円、失効は××円といった料金を含んだ宣伝文。
ちょっと脱線してしまいますが、業務報酬というのも製造される製品の単価と違い、拠点としている場所によって、内容がまったく同じであってもその料金は異なってきます。
そらそうですよね。事務所の所在地によって原価となる電車賃から変わってくるんですから。

それで実際はというと、海事代理士それぞれでバラバラの料金になるのか、といえばそうとも言い切れず、更新業務なら8500~10000円くらいのところでひしめき合っています。
8500円の料金で黒字にできる海事代理士がいれば、10000円の料金でも黒字にできない海事代理士もいます。

ちなみに東京の運輸局は僕の事務所と同じ江東区にありますが、同じ区内でも直通のバスや電車はなく、タクシーだと往復で7000円も巻き上げられてしまいます。
ここに法定費用5420円を乗せるだけで12420円、海事代理士手数料は全くのゼロ。
書類作成代を1000円だけいただいたとしても13420円で、申請代行手数料はゼロですから、はっきり言ってケンカにも商売にもならないんですね。

じゃあタクシーをやめて電車やバスを使えばいいじゃないか、と言うのもありますけれど、運賃は思いっきり下げられても移動(=拘束)時間は思いっきり増えてしまうので、日当をいただかないと割が合わなくなってしまいます。
ったくどこのどいつだ、更新8500円なんて始めやがったのは。

それで僕の場合は、一連の業務の中で機械化できるところを機械化する、このところネタとして引っ張ってきたメールフォームもその一つなんですけれど、これらを複合で組み合わせて効率をあげ、どうにかケンカできそうな料金にまでもってくることができました。
この苦心して作った料金は、多くのお客さんの目に留めていただきたいところですから、表示する料金に加えてキャッチコピーなんかも考えていく必要があって、それには「不当景品類及び不当表示防止法」に則った、公正な内容にしなければなりません。

一般的に景品表示法、あるいは景表法とも呼ばれるこの法律では、価格や料金を表示するうえでやって良いことと悪いことが決められています。
例えば、

免許更新 10000円 →キャンペーン価格 8500円

というサービスをヨソさんでやっていて、この表示方法を二重価格などと呼んでいます。
これ自体に問題はないんですが、二重価格が設定されている場合は通常価格での直近の提供実績が必要で、また割引価格の方には期間の明示なども求められます。

だもので上の例で、通常価格は決めてあるものの実際には8500円での提供実績しかなく、しかも期間無制限となる(と言うか実際にそうしている)のは大問題で、お縄の対象になります。
関東運輸局管内にはこういった利用者の誤認や競合者の排除を目論む海事代理士というのも、残念ながら存在しています。
ご参考までに業種は異なりますが、こちらの1の(2)。

こういったケースは消費者庁にもしもしをすれば片付くものの、それでも競合相手としてケンカはしなければなりませんし、海事代理士は端くれといえども法律家ですから、法令に則った表現や方法をもって案内・掲示をしていかなければ立場がありません。
来年の春くらいには、新しい海事代理士も参入してくるなどの動きもあるので、キャッチコピーをあまり悠長に作っている時間はないんですけれども、どうも僕はそっち系のセンスがなく、サービスの謳い文句を考え出すのに苦労しているところです。

年末年始は、もっぱらこのキャッチコピーのひねり出しに終始しそう。
ふう、とため息をついていても仕方がありません。
ひとっ風呂浴びて、もう少し頑張ってきます。


関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/470-1a3e4aa0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。