ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2011-08-04 16:57 | カテゴリ:後悔日誌
ジャンル:就職・お仕事 テーマ:夢へ向かって
今まで慣れ親しんできた、地上波アナログ放送が先月の24日で終わってしまいました。

この日の正午はどんな放送があるのかと、自宅のテレビを地上波デジタル放送に切り替えないままほったらかし、ワクワクしながらNHKを見てたんですけれど、別に案内があった程度のどうと言うことはない内容にちょっとガックリ。


「今、赤い星をつけた戦車がここNHKに接近しつつあります。
我々は皆様とともにあります。皆様、さようなら。さようなら。」

「・・・ストーイ!」


(小林源文:レイド・オン・トーキョー)


くらいの展開を期待していたんですけどね。

実際にテレビはあんまり見ないとはいえ、つながないワケにもいかないですから、これまでのテレビが使えるよう地デジチューナーと地デジアンテナを、あらかじめ買って用意しておきました。
それで早速取り付け、ものの見事に映ったのでめでたし、めでたし。

ではお話が終わりになっちゃいますから、地上波デジタル放送機器の取り付けの際にあった、右往左往ないきさつでも書いてみようと思います。

地上波デジタル放送機器を取り付ける前に、事務所のテレビまわりの状況はこういったものでした。

1.近所の公団住宅に設置された、共同アンテナを利用させてもらっていた
2.BSアナログアンテナのみ、事務所に設置されていた

それで、こんなことを試してみました。

1.それまでのアンテナの接続口に、地デジチューナーをつないでみた
2.BSアナログアンテナの接続口に、地デジチューナーをつないでみた

結果はどちらも受信不可。
やはり地デジ用のアンテナを取り付けなければ受信できないみたいですね。

今度は地デジアンテナをチューナーに取り付け、室内で受信させてみたところ、受信をしはじめたものの映像を出すまでにはいたらず失敗。
あくまで地デジアンテナは屋外に据え置き、室内に配線をくぐらせてチューナーを配さなければならないようです。

今から事務所の壁に穴を開けてケーブルを引き込むのも面倒でしたから、地上波と同様放送されなくなってしまったBSアナログアンテナを外して地デジアンテナと取り替え、ケーブルはBS用のものを再利用してケリをつけることに。
これでめでたく地デジ放送を見ることができるようになったんですけれど、ケーブルにアナログもヘッタクレもないことが判ったのと同時に、なんだってアンテナの種類だけで受信ができる・できないが分かれてしまうのかが、無線オンチな僕にはサッパリ判りませんでした。

そこで地上波アナログ放送とBSアナログ放送、地上波デジタル放送の電波の違いについて調べてみてなんとなく納得。
それぞれVHF、SHF、UHFと電波の周波数帯が異なっていて、チューナーが受信できる電波の周波数帯に見合ったアンテナでなければ受信できない(と言うと語弊もあって、受信できる場合もあるんですがあまりにも不十分になる)ということのようです。

電波は大きく分けて長波(LF)、中波(MF)、短波(HF)があって、このうち中波は1種類だけなんですけれど、長波と短波はさらに細かく分かれています。
上に書いたテレビ放送の電波は全てHFと入る短波系とも取れる表記なんですが、それぞれ特色の異なる別物の無線になるんだそうです。
それでアンテナも、使いたい周波数帯に見合ったものでなければ、無線として使えないという事のようなんですね。

船なんかも航行できる区域によって、搭載しておかなければならない無線機が色々とあります。
先日行ってきた航行区域の変更申請でも、この搭載無線機の絡みで四苦八苦する場面もありました。
僕はあらゆる周波数帯で使えるアンテナなんか、とっとと作っちまえば良いんでないの?なんてことさえ考える無学者なんですけれど、このところの無線に関連したできごとの中で、あれこれと良い勉強をさせてもらっています。

子供のときなどは、ラジオ番組表にあるラジオたんぱを、手持ちのAMラジオでどうして受信できないのか、なんて疑問を持っていましたけれど・・・。
トコロ変わればシナは変わるもんだ、と考えたほうが、無線の場合スマートなのかも知れませんね。


関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/424-16636978
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。