ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2011-06-23 16:46 | カテゴリ:後悔日誌
ジャンル:趣味・実用 テーマ:ラジコン
無線機ってなによ。

無線ってなによ。

電波ってなによ。

電磁場ってなによ。

なんてことをブツブツ言いながら、例のごとく脱線に次ぐ脱線の調べものをしくうちに、マイケルなる一人のおっさんにブチ当たりました。

このおっさん、イギリスはロンドン近郊のサザクというところに生まれたんですが、一家は生活保護を受けなければならないほど貧しく、小学校を出てすぐさま働かなければならなかったんだそうです。
働き先は製本を取り扱う書店で、配達員から始めて7年間、住み込みで勤め上げたとか。

おっさんの父親と言うのは鍛冶見習いで、鍛冶見習いは言い換えると錬金術の研究者でもありますから、好奇心旺盛なおっさんの幼少時代には、父親から聞かされた話や小学校での勉強などから、錬金のイロハを体得していたフシも感じ取れます。

おっさんが働き始めたころの、ロンドンにおける少年労働者の平均労働時間は、およそ15時間/日、週休は1日という大変に過酷なものだったそうです。
働く、寝る、食べる以外は何もすることができなかった中、おっさんの幸運は新刊の製本作業などで、最新の学問を誰よりも早く、たくさん読む機会を、なによりの楽しみにすることができたこと。
また父親の職業柄、錬金術の素養があり、科学についての吸収力に長けていたことが、その後のおっさんの人生を大きく変えていきます。

書店での奉公も年季が入り、比較的時間が取れるようになったためか、おっさんはイギリス王立研究所の化学講演を聴講するようになり、おっさんの才覚を見出した化学者の推薦で、王立研究所の化学助手として抜擢されてしまいます。

このおっさんのフルネームは、マイケル・ファラデー(1791~1867)。

歴史上の大科学者で、宇宙を含めた空間に存在する電気と磁気の関係を観察し、現代の物理学の基礎を築きました。
学歴の低さから、物理の数式化だけは自力でできない短所こそあったものの、自然の力を見つめる類まれな眼力と好奇心の高さも伝えられています。

僕たちが普段から恩恵を受けている無線通信も、あらゆる場所に存在するモーターやトランス、コンデンサーも、ファラデーが発見したことに直結してくるんですね。
バイクの分野であればステータコイル、イグニッションコイルがファラデーの成果として真っ先に挙げることができます。

電気を増幅し、火花を飛ばす。
電磁誘導と呼ばれる原理を使ったもので、これがバイクにおけるステータコイルとイグニッションコイルの役目を果たすんですけれども、違う使い方をすると電波を作り出すことができる、無線通信における送信機の心臓部になるんです。

ファラデーは日本では明治になる直前に亡くなっていますが、無線通信はこの直後から研究が始まり、日本においては船舶間連絡手段としての開発が進んで、日露戦争において絶大な威力を見せ付けることに成功しています。
この時、日本海軍に制式採用されていた無線機が三六式無線電信機(明治36年)。

その後太平洋戦争に負けて、復興に向けて日本製品が海外に輸出されていくようになると、そのうちの主力品目のひとつである玩具に、世界で驚きをもって迎えられたものが生まれます。
三六式無線電信機をコンパクトにまとめ、離れたところから無線で操縦することができる自動車のおもちゃ。
これがラジコン(マスダヤコーポレーション)の最初なんです。

僕はバイクのことならあれこれ判りますが、無線については無知も良いところだったんですけれど、あれこれ調べていくうちに、大元はファラデーの見つけた電磁誘導で繋がりがあるものだと判って、非常に驚いてみたり感心してみたり。
まして日本海軍について細々ながら勉強をしてきた一人としても、三六式無線電信機について無知で良いわけがありませんから、これを機に何としても理解しなければならない、とも思ってます。

しばらくは明治時代の三六式無線電信機の構造とか能力について、また無線通信について、深く研究してみるつもりです。
これを理解することで、船舶無線についても、ラジコンについても、日本海洋史についても、太平洋戦史についても、そして海事代理士の業務(船舶設備規程など)についても、たくさんの発見ができるんじゃないでしょうか。



うーし、やるぞうーーー!!!
こりゃあ面白そうだ。


関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/408-1cf9cb68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。