ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2011-05-12 16:50 | カテゴリ:後悔日誌
ジャンル:就職・お仕事 テーマ:夢へ向かって
昨日大雨だったんですけれども、一日外に出ていました。
いやー楽しかったです。

クルマで千葉まで出かけたんですが、そのクルマ、前日になって故障していたことがわかって、大慌てで修理してました。
故障箇所はバッテリーで、完全放電させてしまってたんです。
いやはや、参りました。

バッテリーは単なる充電不足なら直すこともそうは難しくないんですが、完全放電となると話は別。
完全放電をしてしまったバッテリーは充電が利かなくなって、バッテリー交換しか手がなくなってしまうことも珍しくないんですね。
これに気づいたのが火曜日のお昼過ぎ。

クルマからバッテリーを外し、事務所で充電器にかけてみたんですけれど、一向に電圧が上がらない。
それでもエンジンをどうにかかけられる程度には復旧してくれました。
ただ、水曜日は約束があって出かける予定だったので、走る前とか走っている途中でバッテリーがダメになりました、では済まないお話でもあったんです。

なのでこのまま応急処置をしたバッテリーで行くか、新しくバッテリーを買ってくるべきかの判断がつけ切らず、散々悩んだあげく、翌日の朝にエンジンがかかれば充電かたがたそのまま出発、かからなければレンタカーと決めて、新品のバッテリーは今回買わないというギャンブルに出ました。

このギャンブルには大勝ち^^
クルマは一日中故障も無く元気に走り、走行中の充電でバッテリーも十二分に使えるところまで復旧してくれました。
良かった良かった。
寒冷地仕様のクルマなので、バッテリーはムダに大きく、お値段が高いんです;;

千葉に出かけたのは、船にお邪魔してきたんです。
高速道路で千葉に向かい、湾岸道路をひた走って船が泊まっている港に入場。
厳重なチェックゲートをいくつも通って本船に乗船、ラッタルのステップ部分に塗られた塗料を興味津々に眺め(なんだろう、アスファルトを練りこんであるのかしら)つつ、ブリッジにお邪魔しました。
さすがに戦艦大和ほどはある大型の船ですから、桟橋から舷側に向かって歩くことすら、時間がかかってしまいます。

ブリッジで船長さんからご用を仰せつかって、今度は千葉運輸支局に。

千葉運輸支局に着いてみて、すごくホッとした空間に感じたのは、クルマの検査登録事務所を併設していたから。
僕はこの仕事をする前、車やバイクの車検だナンバーだで陸運局にはよく来ていたんです。
東京では陸運と海事で運輸支局の場所が分かれていて、運輸支局=陸運局が抜け切らない僕にとっては、東京運輸支局青海庁舎というのも、ちょっと違和感というか寂しさを覚えるところでもあります。

丁寧にご対応いただいたこともあいまって、千葉運輸支局でのご用はスムースに完了。
本船に戻ってご報告をして帰ってきました。

昨日は一日雨降りでしたが、今回活躍してくれた僕のクルマは、悪天候時の走行性能にほれ込んで買ってきたもの。
こういった天候では、持ち前の性能を存分に発揮してくれるんです。
しばらく乗ってやれなかったことで、バッテリーの完全放電なんてポカをやらかしてしまったんですけれど、応急処置に不満も言わず、性能を出し渋るようなこともなく、一日を通してドライブを楽しめましたから、改めてこのクルマを買ってよかった、なんて感じてしまいました。

今週末はクルマへのせめてもの罪滅ぼしに、手洗いの洗車をしてこようと思ってます。


関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/382-7935ac10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。