ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2011-02-18 20:17 | カテゴリ:後悔日誌
今日は「船舶安全法関係規則の一部改正及びIMSBCコードの取り入れに関する説明会」に参加してきました。
場所は虎の門の霞が関ビル。
東海大学の校友会館と言うのが入っていて、そこが会場でした。

さすが天下の東海大学ですね。
駒大にはこんなのないっすよ。

霞が関ビルの向かいにはかつてアメリカン・プレジデント・ラインズさんが入っていたビルがあって、仕事で良く来ていた場所でもありました。
しばらくぶりに訪れたこの界隈、ちょっと懐かしかったです。

今回は船舶への取り付けが義務付けられた船橋航海当直警報装置と、固体ばら積み貨物における新しい規制の内容についての説明会。
前者は平たく言うと、航海当直者の居眠り防止装置、後者はバルクカーゴにおける荷主の責任を高めると言うもの。
どちらも船舶をとりまく現状をかいま見ることができたので、非常に勉強になりました。

個人的に興味津々だったのは後者で、似たようなルールでもあるIMDGコードにおいては、荷主の責任が現場レベルでめちゃくちゃななすり合いになる現状があります。

危険物を輸送させるときは、危険物に知見のある荷主が責任をもって危険物明細書を作り、船長に渡すことになっているんですけれど、この危険物明細書を誰が作るのか、と言えば、危険物に知見のあるメーカーの技術者じゃないんですね。

個品運送における危険物明細書は、この危険物を製造するメーカー営業部隊のヒラ社員かそこに雇われた契約社員、あるいは仲買をする商社のヒラ社員か契約社員、はたまた輸出事務を請け負うアウトソーシングの会社とか、どう足掻いても危険物と言うか、化学そのものに知見なんて持っていない連中が作成しているのが実際なんです。

だもので船会社に提出された危険物明細書を良く良く見てみると、適当に作られて役に立っていないばかりか、誤った危険物の情報が伝わっていることによる、災害時の二次災害発生まで誘発してしまうものも普通に存在します。

極端な例だと、有毒で水をかけてはならない化学物質の情報として、火災発生時には水をかけて手ですくえ、と自信たっぷりに書いてあったりとか。
しかもその危険物そのものは、水には反応しない引火性物質だったとか。

なぜこんなことになったのか、と言えば、危険物に知見のない前任者から引き継いだ危険物明細書の定型フォーマット(エクセルデータとか)を、新しく輸出することになった危険物に対応させるべく、ロクな知見もないまま適当な文言を一足し一引きして対応し、さらに知見のない後任者に引き継いで、別の危険品の輸出を・・・と前任者の定型フォーム頼りで仕事をこなしていくのが原因。
ここでMSDSを取り違えようものなら、上のようなお話になってくるんです。

もーホントに、アホな世界なんですね。
こんな危険物明細書と貨物を受け取った船長さんは、もちろん涙目も良いところ。

だから僕は、化学品の輸出担当になった時に、必死で危険物の勉強をしてました。
もっとも趣味のバイクの世界でも、油脂類や塗料、接着剤等々の化学品について、あれこれ独学で研究していたので、飲み込むのに苦労がなかったのは幸いでしたが・・・。

IMSBCコードはと言うとばら積み貨物ですし、ばら積みともなればそれらを運ぶ船舶や港湾も、貨物に対する知見や設備を必ず備えていますから、IMDGコードのようなバカげたお話にはならないだろうとも思います。
このあたり、一筆書いて出版社に持ち込んでみようかしら。

しかし、霞が関ビルの外食フロアはすごいですね@@
とてもおしゃれでおいしそうな500円ランチなんてザラにあります。
砂町銀座で下手に外食をするよりも圧倒的に安く、おなかが空いていたこともあって、うらやましく眺めて帰ってきました。

明日は別の勉強会があるので、そちらにも参加してきます。
関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/329-9f5acb9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。