ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2010-12-15 17:40 | カテゴリ:後悔日誌
日東科学と言えば、何と言ってもこれ。
なつかしいですね。

lotus europe

小さいころ、これをねだっては買ってもらい、父親とよく作ってました。
スーパーカーブームでもあり、プラモデルももてはやされた時代の、大ヒットプラモデルなんです。

でですね、今日はそんなお話をしようって訳ではなく。

先日より請求書フォームを作っているんですが、これについては請求書と連動する見積書とか借受金領収書なんかもできあがりまして、なかなか使いやすいものに仕上げることができました。
が、これで喜んでもいられない部分がクローズアップされてしまったんです。
実は僕、これまで料金をまじめに定めていなかったんですね。

もちろん開業にあたっては、報酬額表を定めて事務所内に掲示することになっています。

報酬額表については事務所内に既に用意してあるんですけれど、これは他の先生から教材として分けてもらったものを、ただ吊るしてあると言うだけのシロモノで、本来自分で設定しなければならない仕事を端折ってしまってますし、報酬額そのものも業務ごとで幅を持っていますから、例えば「○○の業務を依頼したいんですけど、いくらになりますか?」と言う問い合わせがあっても、概算すら答えることができずにいました。

また海事代理士の報酬・料金体系も、僕自身全く理解していませんでしたから、見積もりの問い合わせを受けたときに該当業務の報酬額の範囲内だけを適当に答えてみても、「交通費や日当などはどうなってますか?」なんて具体的な内容を聞き返されてしまってばかりで、この報酬・料金体系については、できるだけ早い時期に理解と整備しておかないといけないなあ、と痛感していたんです。

今回請求書フォームを作るにあたって、これらの部分のついての研究もしながら、事務所の報酬・料金体系を整備することにしたんですが・・・。

もーいや。
これもパンドラの箱でした。

日当の定義と発生基準をどうするかとか、大概鉄道が通っていないような変なところにある、運輸局や桟橋などまでの交通費をどう算出するかだとか、案件ごとに事細かに計算をしていて、素早い見積なんてできるのかだとか、想定外の事態に陥った場合の請求はどうしたら良いのかだとか、これは報酬の項目なのか、それとも経費の項目になるのかとか、税別税込の仕分けはどうするかなどなど、とにもかくにもシミュレートしなければならない事柄がテンコ盛りで、さらに会計上のつじつまや社会通念的な金額なんかも調査・検討しなければなりませんでした。

それでもどうにかこうにか、見積もりから請求までを一貫してパッと決められる、料金体系を考え出したところです。

高すぎず安すぎず。
日本全国つづうらうら、概算でもほぼ正確な見積もりを、瞬時に答えることができる料金体系と計算方法を用意してみました。
士業の料金体系としては、相当特殊な部類になるんじゃないでしょうか。
もう少し詰めたら、ウェブサイトの方にアップしていきます。

これでやっと、ちゃんとしたお品書きが掛けられる・・・。
関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/302-39055402
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。