ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2010-12-07 12:36 | カテゴリ:┗ 見どころ
前回の続きから。
佐渡っていつぐらいから人が住み始めたんでしょうね。

日本は島国とはいえ、石器時代では中国大陸と地続きになっていた、と社会の先生から教わりました。
日本でも旧石器時代の遺跡が見つかっていますし、海面高さも現在とは違いますから、佐渡も恐らくは現代の中国大陸や日本列島と地続きで、今は日本海と呼ばれている部分は、非常に巨大な湖だったんだろうと思います。

湖のふちなどは食糧に事欠かない地帯ですから、現在の佐渡のある地域に住んでいた人々が、やがて海面が上がり島として孤立してしまったものが、佐渡であり佐渡人の始まりなのかも知れませんね。

と、ここまで想像を膨らませたところで、現在学説となっている旧石器時代の日本地図をペタン。



533px-Japan_glaciation.png



まじですか。

佐渡はハナっから島じゃないですか。
しかも現在とほっとんど変わってないですし。

また最近の研究では、津軽海峡と対馬海峡は氷河期でも存在していて、日本は中国大陸と地続きだったのではなく、もとから島国だったことが判ってきているんだとか。
加えて神津島(伊豆諸島)産の鉱石を使った石器が、海を渡らなければ入手できないはずの本州・関東地方で発見されていることから、日本人の祖先と言うのは、何らかの航海術を持って渡ってきた海洋民族であり、佐渡人はそこからさらに渡ってきた、言わばキングオブ海洋民族となってきます。

何だかうらやましいなあ・・・。

佐渡でも昭和37年に旧石器が見つかってはいるものの、見学できるような遺跡などは無いようで、現代の旅行者としての見どころにはならないんですけれど、佐渡の歴史をうっかり調べることだけはやめた方が良いことを痛感しました。

続きます。
関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/297-9f483566
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。