ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2010-09-21 02:38 | カテゴリ:後悔日誌
ふうふう。
中々思うようには行かないものですねえ。

ブログもウェブサイトも更新を滞らせてしまっていてすみません。
前回書いた日から今日まで、アクセス2010のデータベース作りに没頭しているところです。
進捗状況はーと言うと、恥ずかしくて書けませんが10%にも満たないところでしょうか。
と言うのも、昔は作れたんだから、とタカを括ったのが間違いで、作り方をてんで忘れてしまっていたんです。

また以前、僕が使っていたのはアクセス2003。
今回事務所に導入したアクセス2010は、大きくモデルチェンジをしたアクセス2007を踏襲したものなので、アクセス2003時代の知識では、まるで通用しない部分も出てきていたんですね。
それで仕方なくアクセス2010の参考書を買い、一通り読んで練習をしていたのも、進捗のはかどらない原因の一つになっています。

今のところ、出来上がったテーブルはたったの3つ。
申し込みメールから展開する顧客テーブル、都道府県マスタテーブル、国籍マスタテーブル。
少なくともあと3~4つは、テーブルを作ってやる必要があります。

テーブルと言うのは、例えとしてはエクセルで作ったデンワ表のようなものと思ってください。
ヨコには名前と電話番号と会社名の項目があって、タテには各個人の氏名や電話番号がズラッと入っている一覧表です。

1つのテーブルを作るだけならエクセルでも立派なものができるんですけど、複数のテーブルから一部、または全部の情報をつまみ出して別の表を作り、そこからさらに体裁を整えて印刷をかける、と言うのはエクセルにはできない芸当で、ここいらがアクセスのお家芸となっています。

ただアクセスにおけるテーブルと言うのがこれまた厄介で、同じテーブルにまとめなければならない項目、分けて括った方が良い項目などを選別し、独立したテーブルを用意して、それぞれのテーブルにデータを入力していかなければならず、テーブル設計はメンドくせえわデータ入力はタルいわで、泣きは入るし頭はこんがらがるしで大変なんです。

今回は業務ごとにデータが蓄積されていくテーブル、滅多なことでは追加入力が発生しないマスタテーブルの2種類に分けて設計しているんですけれど、今回用意できたマスタテーブルでも泣かされたところがあって、それはJIS規格について。

免許の申請書には国籍と、更新の場合だけ講習機関都道府県をコード番号で書くことになっています。
都道府県の場合は、JIS規格にもある2ケタのコードなので、情報を用意するのは簡単なんですけれど、ほとほと困ったのが3ケタの数字で表す国籍コードと言うもの。

JIS規格にも国名コードとして、3ケタの数字によるコードが決まっていて、こちらの方が一般的に使われていますから、これで良いんだろうと当初思っていたんですけれど、よくよく調査してみると、なぜかここだけは省庁ごとに別途用意されたコードなんてものがあって、「国土交通省で規定された国籍コード」なるものを探すハメになってしまったんです。
何とか見つけることはできましたけれども・・・。

例えば、こんな違いがあります。

 コード番号 / JIS国名 / 国土交通省国名 / 文部科学省国名

 120 / カメルーン / タイ / ブルネイ
 208 / デンマーク / キリバス / イラク
 304 / グリーンランド / アンゴラ / チュニジア
 418 / ラオス / バチカン / ニューカレドニア

・・・バラバラも良いところでしょ。

もっともJISの方は国名であって、細かい地理でコード化されてもいますから、国籍用としては使いにくいことは判らないでもありません。
でも国籍用としてJIS規格からチョイスして使っても良いと思いますし、省庁が違えばコードも違うと言うのもどうかと思います。
これじゃあギョーセーの風通しなんて、口に出すだけ無駄と言うものですよね。

こうなったのも税金、これを直すのも税金。
こうしたのはお役人。
ふと小高い山になっている、灰皿の吸い殻を見て、やるせないため息が出てしまいます。

あーでも一応フォローを。

国土交通省で規定された国籍コードなんですけれど、世界を7つのエリア(アジア・大洋州・アフリカ・欧州・ロシア・北米・南米)に分け、アイウエオ順でソートして採番してあります。
ISOに準拠するJIS規格のものと違い、日本人にとっては判りやすく効率的にできていますし、作った方の気配りが伺える内容になっています。

とまあこんな感じやらで、データベース作りが遅々としか進捗していない状況です。
遊びたいゲームも遊ばずにいるので、ちょっとストレスたまり気味。
何かスカッと憂さ晴らしをしたいところなんですが・・・。
関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/267-c35be13d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。