ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2010-08-27 14:09 | カテゴリ:後悔日誌
船員の雇入れ手続については、岩国の味村先生の篤いご指導の下、準備が整いました。
ホントに感謝感激アメあられであります。
絶対に食べてやろうと思っている岩国ずしにかこつけて、味村先生のところにお礼に行かなければ。

味村先生、本当にありがとうございます;;

昨日は雇入れ関連の書類(と言うかフォーム)を作ろうと、スキャナのセッティングやらOCRソフトの導入やらを悪戦苦闘でやっつけていたんですけれど、結論から言うとモノにできませんでした。
やっぱり本家MSOfficeじゃないと業務に支障がでるなあ・・・セキュリティ上、あんまり使いたくないんですが。
これについては病欠中の相方が復帰してから決めることにして、今回は出来合いのフォームを使って進めようと思います。

作成するのは雇入れ届出書とクルーリスト。
どちらも本船や船員さんたちの情報がないと作れないので、本船の入港当日にお預かりする海員名簿等一式を受け取り次第、必要事項を一気に記入して江東区青海の運輸局までバイクで走ります。
鮫洲の東京運輸支局で、船員労働部門もあると良いんですけど、これがないんですよね;;

むしろお預かりする海員名簿などをどう運ぶかで色々検討していて、バイク便で使うようなトランクケースを用意するのが一番なんでしょうけれど、あれをつけると乗り降りで難儀してしまうので、大きめのビジネスバッグとそれをカバーする防水メッセンジャーバッグを用意することにしました。
明日、バイクショップで品定めをしてこようと思ってます。

同時進行で調査している、内航船→外航船への切り替えについては、色々判ってきました。
今回は船舶設備規程における「外洋航行船」にあたる船舶で、トン数で規制されている部分の違いを調べ上げることになります。

仮に490国内総トンの内航船が、外航船となって1000国際総トンに改まった(船種にもよるんですけど、だいたいこのくらいの数字に収まってきます)として、ちょっと具体例を挙げると、

・船舶設備規程

 第146条の20  
 1 総トン数500トン以上の船舶には、告示で定めるジャイロコンパス及びジャイロ・
   レピータを備えなければならない。
 2 総トン数500トン以上の外洋航行船には、操舵機室にジャイロ・レピータを備え
   なければならない。

内航船(490(国内)総トン)であるときは、どちらも要りません。
外航船(1000(国際)総トン)になったとき、どちらも備えなければならないですね。

 第146条の24
 1 国際航海に従事しない船舶であつて総トン数500トン以上のもの、及び
   国際航海に従事する船舶には、告示で定める第一種衛星航法装置又は無線
   航法装置を備えなければならない。
 2 国際航海に従事しない船舶であつて総トン数500トン未満のものには、
   告示で定める第二種衛星航法装置又は無線航法装置を備えなければならない。

内航船(490(国内)総トン)であるときは、2が必要です。
外航船(1000(国際)総トン)になったとき、2は不要で1が必要になってきます。

僕はバイクやクルマの改造屋だったこともあって、合法・違法改造を判断するのに、法令集なども目を通したりしますから、こう言った調査って嫌いじゃないんです。
むしろ、結構面白がって進めてたりしますね。

船舶設備規程ではトン数で場合分けがされたとき、それが国際なのか国内なのかは前書きがない限り、無視されてしまう点が興味深いです。

ただ今回の件では、船舶設備規程や船舶安全法施行規則、救命設備規則のほか、海防法、国際船舶港湾保安法、それらの省令なども目を通さないといけないので、何もかもを調べるとなると時間が足りません。
なので今回は主だったところを調べて、レポートにまとめてみようと思ってます。
関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/250-f765c165
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。