ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2010-08-24 18:11 | カテゴリ:後悔日誌
先ほどいただいた依頼主さんから、別件でご相談を受けました。
今回東京まで走ってくる本船(内航船)を、外航船(国際航海船舶)に切り替えたいとのことで、追々正式な依頼も考えていただいている、とのなんです。

内航船を外航船に切り替えるには、様々なハードルがあると思うんですけれど、具体的にどれがハードルなのよ、となると、知識がないためまったく説明できません。
ただ、本船はもともとは外航船だったものとのことで、少なくとも構造上はまったく問題がないだろうと思ってますが、いいからけんなことをお話するわけにはいきませんし、ぜひやらせていただきたいとは思っていても、まずは雇入れの依頼を確実にこなして、お客さまの信頼を得ないことにはどうしようもありません。

なので雇入れの手続や書類を準備しつつ、内航船と外航船の違いと、内航船から外航船への切替に必要な手続、必要な新規装備品、検査などを調べ上げて、レポートにまとめてお渡ししてみようと思ってます。
もちろん受任できるかどうかは別で、ヨソの先生に仕事が行ってしまったとしても、とても良い勉強になりますものね。

本船の航行区域は近海(A3)、総トン数490トンとのこと。
この航行区域から、恐らく漁船ではなく貨物船と推測できるもので、総トン数では国際船舶・港湾保安法の対象外船舶になりますから、この分なら保安装置を準備するとか保安証書を受ける検査などは必要ないんじゃないかと思ってます。
もっともまるでありません、では国際航海で通用しないはずなので、任意ISMのような何か準じたものがあるとも思いますが・・・。

(A3)と言う区分も調べてみたところ、衛星通信設備を持っていると言う意味で、海岸から150海里以上ほぼどの洋上にいても、世界中の陸上と通信ができるシステムのようです。
現時点でこれだけの通信設備を持っている本船であれば、外航船にするにあたって、航行区域を近海から遠洋に切替えでもしないかぎり、船体を改造する必要はやっぱりなさそうな印象ですね。

さてじゃあ、内航船と外航船ってどうやって区別されているんだろう。
調べるのが面白くなってきました。
区切りの良いところまで、今日はこの調査をしてみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/247-5f4cd2bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。