ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2010-06-01 04:54 | カテゴリ:後悔日誌
えーと、僕は大学を出ていますけれど、歌った校歌は3つなんです。
高校が附属だった関係なんですね。

小学校の校歌は、

光る校章 元気よく
さくら咲く日を 夢みるよろこび
勉強も よくはげみ
わが日本の 明日の日を
担おうよ 小名木川
ゆくてはてなく われらは進む
江東区立小名木川小学校 校歌/作詞: 勝 承夫 作曲: 平井 康三郎)

と言うもので、今でも歌えます。
曲調としては、軍歌「燃ゆる大空」のような感じでしたね。

中学校の校歌は、

砂町の 空のふかさ
砂町の 海のにおい
屋並みより 遠く広がる わたしたちのための未来
いさかいは忘れても 日付けや日取りは忘れても
第四砂町中学校
この窓を この廊下を
友達の顔かたちを 思い出すだろう
江東区立第四砂町中学校 校歌/作詞: 岩田 宏 作曲: 林 光)

と言うもので、これも今でも歌えますね。
友達の顔かたちを、思い出すことはできやしませんが(苦笑)。

高校、大学は共通の校歌で、

新人立てり 立てり 竹は波打つ
晴れたり この空 この我が駒澤
みなぎる緑は 光とうず巻く
栴檀林 栴檀林 
時代は正しく 飛躍し来たれり
捉えよ 輝く この現実
我らが校旗は 雲と起これり
駒澤大学校 校歌/作詞: 北原 白秋 作曲: 山田 耕筰)

この校歌は附属高校でも共通して歌うもので、僕も歌いましたし、楽天イーグルスのマー君なんかも歌ってました。
作詞作曲がビッグネームのタッグなのも特徴です。
この校歌はさすがに長いこと歌ったので、おそらく墓場に行くまで忘れることはないんでしょうね。

これらの校歌を書き出してみたら、なんだかんだで水とか海に絡んで生きてきたんだなあ、なんても感じてきました。
江戸時代から今なお生きる運河・小名木川のほとりに生まれ、船を見て海を見て育ってきたんです。
もっともそれが当たり前の環境と言うだけで、気に留めて見ていたわけではありませんでしたが・・・。

中学時代は水泳部で、バタフライのレギュラー。
今となっては誰も信じない、逆三角形の体型でもありました。
大学では法学部に進み、なぜか海商法を学んで(本当に理由無く履修して)ましたし、社会人になってからは紆余曲折を経るも、海運の仕事ばかりしてきました。

高校時代だけ、水や海に絡まなかったのかな。

いやいやいや駒大高はなぜか、海上自衛隊東京音楽隊の隣にありましたし、駒大高の校章はこんなのだったんです。

logoimg_s.gif

もっとも、校章のマークは操舵輪ではなくて法輪とよばれる仏具なんですけどね(苦笑)。
そしてこれからは、海事代理士として身を粉にして働いていこうと思っているところです。

そう言や僕は、星が一白水星なんです。
僕の生きる場所には水があり、死ぬべき場所も、ここ砂町のように水のあるところなのかも知れません。
死んだら海洋葬にしてもらえば、筋の通った生き様にできるのかな。

ちっと考えておこう・・・。
関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/188-656ab659
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。