ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2010-02-21 04:29 | カテゴリ:海事代理士試験
国土交通省のサイトでアップされていました。
ザッとしか目を通していないんですけど・・・ハハーン。
なんとなく国土交通省の意図が見え隠れしているように感じます。

注意書きにもありますけれど、問題はあくまでテーマであって、模範的な解答もそこには記載されてはいます。
もし仮に、この通りの問題が出題されて、この通りの解答をすれば良かったのであれば、口述試験における平均点や合格率はもっと上がっていたはずです。
しかしフタを開けてみれば、そうではありませんでした。

もちろんこの問題通りの出題もありました。
しかしこの問題通りの出題ではなかったものもあったんです。
僕の場合だと、二級海技免許試験に必要な具体的な乗船履歴についてだとか、航海中に海技免状の有効期間が満了を迎えてしまうとき、特例措置として期間を延長できるかどうか、できる場合はどの期間までかについて問われたのを覚えています。

去年の海事代理士試験は、個人的には過去問だけをやりこめば通るような試験ではないと言う印象を持ちました。
おそらく、国土交通省としてもそういう試験にしていきたいんじゃないでしょうか。

そんな意図が、今回アップされた口述試験問題から、実際に試験を受けた僕には感じられるんです。
関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円



秘密

トラックバックURL
→http://yumenoshimamaritime.blog108.fc2.com/tb.php/115-c1ff9632
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。