ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2015-08-26 05:44 | カテゴリ:後悔日誌
ジャンル:就職・お仕事 テーマ:夢へ向かって
仮に漁船が航行できるようになった、としても、バッテリーがあがってしまったときの対処方法は、あらかじめ考えておかなければならないことでした。
ただ・・・漁船が動けずに係留されている場所は、いささか厄介な状況になっているんです。

ヤマハP3-015
漁船はヤマハ製で、型式P3-015。
もちろんネット検索ごときではカスリもしない、非常に知られていない存在です。
伊豆諸島で使われていた経緯があるそうで、1軸ながら小回りが利き、船橋が低くあらゆる橋をくぐることができます。


通常の船着き場であれば、桟橋にバッテリーをあげて台車などで持っていけば済むんですけど、漁船が留まっているところは桟橋になっておらず、写真のとおり高い柵が張られてしまっています。

そのため乗降にあたっては柵を乗り越えるんですが、ここには100Vの電源もきていないので、もしバッテリーを充電するとなると、まず漁船の甲板から見て高さ3m前後の壁を、バッテリーを持って乗り越えたうえ、100Vの電源のあるところまで運ばなければならないんですね。
しかも柵を越えたところは未舗装の遊歩道で、クルマは入れませんし台車では地面にめり込んでしまいますから、柵を越えてなおの運搬手段も考える必要がありました。

漁船のバッテリーのサイズは130F51で、1つあたりの重量は約35kg。
取っ手がついているとはいえ片手では持ち上げようがなく、両手で持ってしまえば壁を乗り越えることなんてできません。
さりとてユニック車(クレーン付きトラック)を横付けもできませんから、仕方なく背負うことにしました。

重量物を背負う道具に、背負子(しょいこ:僕はなぜかしょい「ご」と読むんですが)というものがあります。
背負子は丈夫な骨組みと、それを背負うためのバンドの組み合わせになっているものなんですが、調べてみると5千円前後の価格帯と、2万円くらいの価格帯でグループができているんです。

どうにもこの値段の別れ方が気に入らず、ちょっと掘り下げて調べてみましたら・・・ハハーン。
前者は中国製が殆どで、積載重量が低く、短時間しか背負えない造りになっていて、後者は日本製が多く、積載重量が高めで、長時間でも背負える造りになっていました。

具体的には骨組みの形状に違いがあって、特に腰骨のあたりに骨組みが来ているか来ていないか、という違いでした。
腰骨のあたりに骨組みが来ないようにすると、長時間でも背負っていられるようになるんですが、反面骨組みの形状が複雑化(積載重量が高いものはなおさら)して、どうしても価格に跳ね返ってきてしまうんです。

バッテリーを背負うのは短時間とはいえ、運びにくければ落ちてしまうリスクも大きく、落ちる先が水の中となれば事は重大で、僕の命にもかかわってきてしまいます。
なので泣く泣く、値段の張る日本製で積載重量が高いものを選び、ヤフーオークションで程度の良い中古品を探してきました。
バッテリーを固定するバンドも、たまたまホームセンターで良さげなものを見つけることができました。

エバニュー オレンジボーン オーエッチ工業 ロープラチェット
背負子はエバニュー・オレンジボーン。
評判のいい製品で、軽量アルミ製ながら積載重量(ただし静荷重=そっと乗せた状態)60kg。
中古だったので、テストかたがた体重90kg超の僕が乗ってみたんですが、きしむことすらありませんでした。
固定バンドはオーエッチ工業のロープラチェットで、これも評判のいい製品です。


漁船の近くまでは原付スクーターで行き、背負子でバッテリーを取り出して、再び原付スクーターで自宅まで運ぶ、というのをやってみましたら、ものの見事にうまく行きました。
あとは充電器さえあれば、漁船のバッテリーあがりに対応することができるようになります。


スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。