ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2012-03-30 19:32 | カテゴリ:モーパイのどうでもいい話
ジャンル:アニメ・コミック テーマ:アニメ・感想
遅まきながら、モーパイの12話を見ることができました。

やはり歳のせいなのか、今どきのアニメのテンポの良さについていけない部分があって、何度か繰り返して見てやっと判るなんてところもあります。
それにしてもシュニッツァーは見てくれこそアレですけれども、かなり良い味を出してますね。

imgp12032903.jpg

初対面のグリューエルに照れて、声を震わせての敬礼シーンなんてのは、おちゃめの極みなんだろうとも思います。

imgp12032902.jpg

よく見るとシュニッツァーは、形の良い敬礼をします。

わきを締め、ひじを前に出しての敬礼は海軍ならでは(狭い艦内で上官の通行の妨げにならないようにするため)のもので、同じ船乗りでも民間船だと、陸軍と同じようなわきを開けた敬礼をするのが相場ですから、僕はシュニッツァーの経歴を知りませんけれども、これだけで少なくとも海軍の経歴を持っていることが判ってしまいます。

海軍といえば、「宇宙の海は云々」といった、民事訴訟好きの大四畳半な原作者が聞いたら、タダでは済まないような(?)冒頭から始まるモーパイですが、「宇宙」海賊船・弁天丸と呼んでみたり、宇宙航行を「航海」と呼んでみたりと、宇宙と海の使い分けというか言葉の棲み分けというか、ボーダーラインが今一つはっきりしないなあ、と感じる部分があります。

例えばケインが白鳳女学院のヨット部員たちに自慢した、「大型の船舶免許」なんてのがそうです。
弁天丸を宇宙海賊船とわざわざ「宇宙」とつけて呼ぶにもかかわらず、それを動かすための免許には宇宙とつきません。

あるいはケインは、単に海上のみを航行できる大型船舶の免許をもっているだけに過ぎないのか、と考えても、それだと(宇宙)ヨット部員に対して、話のネタにはできかねるでしょうから、やはりケインが持っているのは大型宇宙船の免許なんだろうと思うんです。
もっとも僕が持っている「たらい舟海技免状」くらいなら、かえって話のネタにはできるかも知れませんが・・・。

モーパイのような宇宙船が当たり前に動いている時代ともなると、概念としては飛行機がが発達したものと捉えるのが自然でしょうし、その規模がさらに大きくなって、海の概念を持ち出すことになっているんだとしても、話中でヘタに宇宙と海の概念とか言葉とかを混同させるより、いっそのこと統一してしまったほうが、却って理解しやすくなるんじゃないかとも思います。
モーパイを見る側に対しての、世界観のギャップの補足としては、冒頭のナレーションで済ませることもできるでしょうしね。

そうすればモーパイの世界に、海事代理士がいても説明がつくなあ、とは、僕の個人的な妄想です。

あ、そうだ。
モーパイでは免許と免状の違いが説明されていませんから、次回にこのネタで一席ぶってみようと思います。


スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。