ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


  ブログランキング・にほんブログ村へ 欲しい情報やレビューもたくさん!
ワクワクが見つかるブログポータルサイト。
2010-11-26 19:07 | カテゴリ:ホビー
おもちゃの世界では、しばらく前からリバイバルもののブームが続いています。
購買層は子供たちではなく、大人たち。

例えば僕らが子供の頃に流行した、昔のラジコンが当時のまま再販されてみたり、ガンダムのプラモデルが細かいディティールとなって3~4000円にもなっていたり、スケールモデルばりにリアルなトランスフォーマーが売っていたり。
これは何もおもちゃに限らず、色々なジャンルでも見かける光景です。

80年代のポップスを集めたCDがリリースされてみたり、80年代ファッションが注目を集めてみたり。
恐らくこれらは、大人になってそれなりに生活が豊かになった、当時の子供たち向けに発信されているものなんだろうと思います。
色々なものがリバイバルされている中で、最近ずっこけたのはこちら。

sippo.jpg

フェイクファーのキーホルダーなんですけど、とても売れてるんだとか。
若い方には新鮮に映るものなのかも知れないんですが、俺サ・ドラヘル・はばんびぼんでピンとくる3~40代のおっさん連中には、懐かしいとか何を今さらなどと感じるんじゃないでしょうか。

これは80年代末~90年代初頭にバイクブームが起きたとき、僕も含めた一部のおかしな連中(通称走り屋/ローリング族)の間で流行ったもので、当時は「きつねのしっぽ」と呼ばれ、バイクのヘルメットのふちの後ろに取りつけて遊んでたんです。
僕などは原付しか乗れませんでしたが、これをヘルメットのふちにつけて、夜な夜な新木場(夢の島とか船の科学館あたり)で、バイクレーサー気取りでヒザを擦って喜んでたんですね。



今となって僕は船の科学館と再び縁ができましたし、走り屋改めパシリ屋になっている訳ですから、変な因縁と共にこのフェイクファーを買ってみようかな、と言う変な衝動にも駆られているところです。
もちろん海事代理士は国土交通省の資格ですから、立場上ヒザを擦ると言う訳にはいきませんけれども。

上の動画でも「バイク人口2000万」と伝えていますが、当時は本当にバイクが当たり前にありましたし、種類もたくさんありました。
走り屋を助長する副作用もあったんですけれど、当時のオートバイの性能や種類の多さは、リンクする排気量別のバイクレースからのフィードバックが大きかったんです。

今はと言うとバイクブームは廃れ、車種はスクーターばかりとなって激減し、レースの世界とも排気量でリンクしなくなってもいることが、廃れに拍車をかけてもいました。
当時を知る僕らから見ると、今のバイクの世界は見るも無残な荒廃の世界となってもいます。

ところがそんな中でも明るい話題があって、3~40代を中心にバイクに再び乗り始める人が増えてきているんだとか。
リターンライダーなんて言葉も、一般化しつつあります。
リバイバルブームと同じような働きが、バイクの世界でも起き始めているんでしょうね。

また2012年から国際レースレギュレーションが改定されて、1000ccと250ccの排気量で新風が起きそうな気配。
排気量が再び市販車とリンクしてくるので、リターンライダーが増えていているところへの追い風にもなってくると思ってます。

2012年までまだ間がありますけれど、バイクの未来にちょっと明るい兆しを感じていて、なんだかワクワクしているところです。
車検の要らない250ccクラスが、また一気に盛り上がるんじゃないかしら。

ねえ、オサムちゃん。
ホンダさんとこもCBR出すんですから、オサムちゃんとこもGSXR出しましょうよ。
中身はNZ250でも良いんですから。
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ボート免許証の各種手続代行|ゆめのしまボートライセンス ボート免許証の更新・失効手続なら - www.yumenoshima-maritime.jp

免許講習の予約から免許証お渡しまで一貫してお引き受け。更新8000円・失効13000円


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。